本文へスキップ

eco検定のすすめ、エコピープルって何?

eco検定

冷蔵庫で節電/eco検定、eco検定試験

冷蔵庫で節電

開閉が多いと冷気が逃げてしまいます。

冷蔵庫と冷凍室のドアの開閉回数がそれぞれ50回・16回の場合は、25回・8回の場合にくらべて消費電力量が約6%増加してしまうことも。

また、設定温度はできるだけ「強」ではなく「中」に設定しましょう。

さらに、冷蔵庫内容のカーテンを取り付ければ、冷気が逃げるのを抑えてくれます。

冷気の流れが悪くなり、冷蔵庫内が均一に冷えなくなります。

また庫内の見渡しが悪くなるため、ドアの開閉時間が長くなる原因に。

冷蔵庫の中を整理してみましょう。ずいぶん前の食べ残しや常温保存できるものが入っていないかチェック。缶詰、瓶詰や調味料は未開封なら冷蔵庫に入れないようにしましょう。

麦茶やカレーなど、熱いものを冷まさずにそのまま入れると庫内温度が上昇して周囲の温度も上げてしまいます。再度、庫内を冷やすための余分なエネルギーがかかります。

冷蔵庫の周囲が壁などに接していると効率よく放熱できません。

冷蔵庫の周囲には適度な隙間を空けましょう。

傷んでいる隙間から冷気が漏れて電気のムダ使いになります。

名刺などをはさんでズリ落ちるようだったら、パッキンを取り換えましょう。





eco検定講座


1問ずつ解いて、隣のページで解答解説が確認できる、

学習しやすい形式。

短時間の学習でも着実に実力を積み重ねていけます!