本文へスキップ

eco検定のすすめ、エコピープルって何?

eco検定

こまめにスイッチオフで節電/eco検定、eco検定試験

こまめにスイッチオフで節電

照明も電化製品も本当に必要な時だけ使い、使わない場合は、こまめにスイッチを切りましょう。
また長時間使用しない場合は、プラグを抜いておきましょう。


■エアコン

タイマーを上手に使うなど、必要な場所で必要な時だけ使いましょう。
外出する場合は直前でなく、早めにスイッチを切るようにしましょう。また、長時間つかわない時はプラグを抜きましょう。


■照明

人のいない部屋や廊下はこまめに消灯しましょう。
また、照明の間引きや照度の調整を行って、必要最小限の灯かりを心がけましょう。


■テレビ

テレビを見ていないときはこまめに消しましょう。
リモコン待ち状態でもエネルギーを消費しているので、消す時は主電源から。
旅行など、長期不在の時はプラグを抜くようにしましょう。


■パソコン
パソコンを使わないときは、必ず電源をオフにしましょう。
また 、長時間使わない時にはコンセントからプラグを抜けば待機電力も減らすことができ、より節電です。

電源オプションを上手に設定するだけで節電につながります。
例えば、「モニター電源をOFF」から「システムスタンバイ」に設定を変えた場合1年間で12.57kWhの消費電力を削減できます(デスクトップ型パソコンの場合)。





eco検定講座


1問ずつ解いて、隣のページで解答解説が確認できる、学習しやすい形式。

短時間の学習でも着実に実力を積み重ねていけます!